初心忘るべからず、的な

10月前半を駆け抜け、大小はあるけど、仕掛けた&登壇させてもらったイベントが5つくらいあって、それが終えたもんで、一瞬ちょっとだけ緩んでいる。反省点だらけで、やればやるほど、自分のポンコツ性とか、へたれであることに気づけて、ほんといい機会にはなった。

巻き込んでしまった人、巻き込まれてくれた人にはまず感謝。ありがとうございます。

というのと、地域や暮らしにまつまる内容を扱いつづけるなかで、参加者に問いを投げていたようで、一番ぶつけたかった相手は自分自身だったみたい。ってことにも気づく。

なんとなく、”東京”のあまりよくない磁場に引っ張られ、やろうとしていた方向を見失うまではいかないけど、ちょっとブレかけてたから、ふわっと浮きかけてたから、足場の再確認ができて、ちゃんと着地はできたのかなぁという感じ。

結局、他人に向けてやってることは自分に返ってきてるし、根本を言えば、自分のためにやってる感はあるわけで、その自己中心性からはじまってるのだとある程度の自覚もしている。自分が弱っちいタイプの人間だからこそ、精神性/身体性を保つために、なにかしらをアウトプット/表現しているということ。

「初心忘るべからず」

とはよく言ったもんで、「忘れる」とかのレベルでなく(「忘れた」という意識はあるのはまだまし)、自分のなかで大切にしていることをそもそも考える暇を与えずに、意識することすらできない、隙間のない暮らしというのはこわい。

この「初心〜」の文句が名句としてあり続けるのは、きっと「そんなもんわかっとるわ」と一個人の頭(内部)では拾えるものの、社会のなかで活動するとき環境(外部要因)に邪魔されることがほとんどで、「頭ではわかるのに実践は難しい」てのと、「自分一人だけでどうにかしてうんぬん、ということでもない」ジレンマで苦しむ人が多いからなんだろう。ようは、分類すれば「あるある(つらい編)」の名句というか。

なにはともあれ、「自分の居心地のよいサイズ感で、動く、あそぶ、ふざける」というのが、ぼくのなかで初心のようなので、ここをなるべく見つめておきたい。そのための目印としても、「カクテル」「妖怪」、そして「ブログ」というのはあるのだなあ(と勝手に納得したわけです)。

あと、初心とはべつの心をもうちょっと持ってみようかな。下心も忘るべからず、で。

苦しさと苦さと心苦しさと

10月がはじまった。ということは、’16上半期が終え、下半期に入った。この半年間でなにを得て、なにを捨てることができたのだろう。

8月9月は心境の変化も著しく、自分のへたれっぷりを付き付きられ、「悔しい」「やるせない」の連続だった。それもこれも自分の実力不足であることが原因であって、これまでにどれだけ他人に自分が甘えていたのかいうことに気がつく。

振り返れば、進行管理、編集、執筆、どれをとっても、思い通りに自分と他人の手を動かすことのできないことが続いた。一緒に仕事を進める人の”頭を借りる”ための想像力も欠けていた。視野がかなり狭まっており、目先のことで、”そもそも何でそれやるんだっけ “という視点を忘れがちだった。と数え上げたら切りがなく、褒めらることではないが、いくらでも反省文が書けそうである。

自分で考え、動いていたはずが、いつの間にか思考力が低下し、一部「依存」のような状況に陥っていて、その状態にも自分で気づかないような危うさが漂う半年だったわけだ。頰を何べんも強く引っ叩かれたような気持ちで過ごしたし、時間の経過とともに自分の「できない」が浮き彫りになってくる場面を見るというのは、むずがゆく、心苦しいものだった。

ただ、それが良かったのかもしれない。基本的に、人は苦しんでいたほうがいい、と思うからだ。どんなときにも苦しみを味わい、葛藤があることで、自分の中、あるいは自分の外で新たなものを生み出せるのではないか。ずっと同じ種類の苦しみ(失敗など)を持ち続けるのは、決して賢いとは言えないが、一つの苦しみを超えたあとに、また毛色の違う苦しみがやってくることで、新たな課題に向き合うことができる。

今までとは違った苦しみを得ることで、その苦しみが頭のなかで暴れまわることで、それを鎮めたいがために、新たな頭の使い方を覚えることができる。どれだけ自分に「苦しい」という感情を注入できるかは大切なようだ。そういった過程を通じて、自分のなかにある必要のないプライドを捨て去り、自分が進もうとする道を切り開いていける、という感覚をつかめた。

ということで、頭のなかは汗たらたらで過ごす半年ではあったが、そのおかげで、自分のなかにあるいくつかの思い込みがスゥっと消え、思考の選択肢が増えたことは、大きな変化だった。できれば、ゆるやかに変化し続けたい、という気持ちがある。が、時間はそうも待ってくれなさそうなので、連続的にすばやく変化するためにも、同時多発的に多種多様な苦しみに向き合える残り6ヶ月を過ごしていきたい。

(まじめか)