職業ライター、26歳で東京から沖縄にUターンしてみて、かんじた憤りや、学生への心からのお願いなど

東京から沖縄へUターンしてから早2ヶ月が過ぎた。那覇・浦添・宜野湾エリアを中心にうろちょろと動きまわっては、家にこもりながら作業をする、という生活をしている。そういうふうに動いてるなかで、縁もあってか引き合わせてもらえる県内の学生さんは多い。

ぼくは東京で学生生活を送ってきたので、余計に感じるのだけど、沖縄の学生はすこし違う。ほんと、純粋すぎる。そして、純粋すぎるうえに恐いよなと思うわけだ。穢れのない白いキャンバスには、どんなことも描き入れることができる。そこに付け込むわるい大人もいるわけで。

端的に言うと、沖縄では、きれいごとをいう大人が、しごとを通じて、学生を囲い込むという現象が起こっている。そう、彼らが言ってることは、ほんときれいごとなのだ。言葉がきれいでも、実際にやってることはきたない。中身がない。「マルチに引っ掛かってるなぁ」「アフィ系だ、こいつは」と、正直言わせてもらえば、イケてない大人のフォロワーになっている学生が多すぎる。

「すばらしい人生」「カッコいい生き方」「新しい働き方」だの、きれいごと(多用するとクソださい言葉だと思うんだけど)で、しょーもない内容に学生が引っ張られるのには、理由がある。それは、良くも悪くも沖縄が狭いからだろう。そして、狭いゆえに”いろんな”大人が少なく、そういう大人との接点が少ないのだ。出会った大人がひとつの社会規範になってしまう。ほんと恐いよ。

東京から沖縄にIターン移住した知人と話していたときに、ぼくはハッとした。「沖縄の女の子は、ほんと純粋だ」ということ。その理由を彼なりに分析すると、東京はいろんな男性との接点が多すぎて、悪知恵がつくのか、いろんな男性のなかから選りすぐって、彼氏なのか愛人なのかを決める。選択肢が多いからだ。

その話を聞いて思ったのが、やはりモデルにできる大人の種類が少ない、選択肢が少ないのが沖縄の学生が、わるい大人にはまる原因だな。残念だなぁと。ただでさえ、物理的に他県からの情報が入りにくいのにね。Webから情報を得るというリテラシーも全くないのにね。

だから、学生を食ってかかろうとする狼的な大人に、スッと食われてしまう。純粋すぎるがために、赤ずきんちゃんのように疑うことをせずに、悪い流れに巻きこまれてゆく。一生はそれなりに長いので、そこでバッドエンディングではないけど、時間も体力もあって、なにものにも染まりやすいその時期をわるい大人にそそのかされてる学生をみてると心がチクチク痛む。

その反面で、きれいごとばかりの、ダサい大人をなにも疑わずにスゴイスゴイとすぐに付いていっちゃう学生は、ほんとアホだよなぁ、とも思うわけで。ぼくもアホな学生代表だったと思うけど、それ以上にアホだと思っちゃうのよね。彼らはスゴくないから。そんなんすぐに追い越せるから。知らないだろうけど、クオリティは実際めっちゃ低いよ。

ちゃんとフォローする大人を考えようよ。そんで、フォローする相手の信者になっちゃだめだよ、どんなことがあっても。半信半疑が絶対に大切。そして、おもしろい大人はもっといるから。君たちが見えてないだけで、見ていないだけで。井の中の蛙じゃないけど、今いるところから飛び出してみればいいじゃん。

それと、もうひとつ。沖縄がずっとながらく患っている病気を治療していけるのは、若い人たちなんだよね。権力と金にがめつい、勉強すらしない老いぼれという“ガン”を取り除くには、やっぱり若い人のエネルギーが必要不可欠。今、そういう嫌ぁ〜な、きたない大人の思惑と戦っている、数少ないおっちゃんおばちゃんたちもいて、そこに協力してまともに加勢できるのは若い人。だから、どこに自分のエネルギーを注ぐのかは選んだ方がいいよ、まじで。

ぶわぁーーっとつらつらと書いたけども、発散させるかのように書いたけども、これは沖縄の大きな大きな問題なんだと思う。お金にくらんだわるい大人が沖縄を行き来させちゃいけない。沖縄にいる&沖縄の外にいる、もっとおもしろい大人との接点をつくれないか、と頭で汗をたらたら(それなりに)かいてるわけです。

近況報告と、なにかアイデアがないものか、学生ちゃんと読んどけよ、とみっつの想いを込めて書いておいたよ。何度も言うけど、ぼくのエネルギーは(&このブログは)、基本「ずるい」「いらいら」「おもしろい」という感情だから、そこんとこ、よろしくお願いいたします。