人と土地の恋愛ごっこ。

人には、長所⇔短所、得意⇔苦手があるけど、それは個性だろうな。

土地にもいいね⇔ちょっとなぁというのがあって、それも個性だと思う。

自分と土地の個性がうまくマッチすれば、うまく付き合えるだろうし、

その土地に根ざしながら、くらしをつくればいいし、そのくらしの一部としての仕事をもてればいい。

 

だから絶対的に、

都会がいいとか、

田舎がいい、

とかってモノサシはなくって、良い部分も悪い部分もすべて受け入れた上で、そこで自分の生活イメージを持てるかはだいじ。

あとは、気付いていないだけで、その土地が知らない顔を持っていたりもする。

その土地に住んでいるから知れることも、

土地の外の人に教えてもらえることもある。

 

人と土地の関係性も少し恋愛に似ているような、相性があるだろうから、

まずは相手を知ることできたらもっと好きにもなれるし、もしかしたら他の選択肢の可能性も考えられるかも。

いま自分がいる場所、みんなはどう考えているんだろう。

 

–そもそもなんでそこにいるの?

–何がいいとこ?わるいとこ?

–仕事があるから?

–地元だから?

 

土地と自分の関係性を見直せると、すこしずつ日常も変わってくる。

さまざま土地の情報をフラットに発信できたらいいよね。