嫌いにならない距離感

「やりたいこと」よりは「やりたくないこと」を大切にしている。

そんな感じで、ポジティブよりはネガティブな気持ちをもとに、行動することが多い。ポジティブ感情が湧きにくいがゆえのネガティブ感情を活かさざるえない生存戦略なのではないかと思う。

人付き合いで言えば、あんまり人にゾッコンになることはないので、どちらかといえば、「相手を嫌いにならないようにどう付き合うか」ということをよく考える。

「この距離感で、これ以上踏み込んでしまうと、ちょっと嫌いになっちゃうかも」

それは、仕事、友人関係、恋人関係もすべて同じで、関わり方を探りながら、相手と付き合っていくのだ。

毎日会っていたら見たくなかったものが目について辛くなる人もいるし、仕事などの公的な関わりがなければいい関係性を保てる人もいるし、年に1回くらい飲むとちょうどいい人もいて、実はギリギリな距離感・境界線のなかで関係性を保てている人は意外と多かったりする。

「友達としては大丈夫だけど、恋愛関係になると破たんする」「親友だけど、一緒に仕事をすると不仲になる」「一度セックスという境界線を越えると、もう興ざめてしまう」みたいな人間関係があるのもそれに似たようなもんだ。少し話は大きくなるかもだけど、不倫とか浮気、セフレみたいなもんも、この距離感の取り方の問題じゃないか。

そして、話のジャンルを変えると、移住するか二拠点にするか年に数回通えればいい、という地域との関わり方にも通じることだとも思う。

好きにはなることはおそらくないけど、できるだけ、嫌いにもなりたくない。だからこそ、内心ハラハラしながらも、距離感を測りながら、メールのやり取りだけにするのか、はたまた会うのか、会うならお茶か飯か飲みなのか、一緒になんかしらプロジェクトやるのか、などのコミュニケーションに日々試行錯誤しながら、なんとか生きているのだなぁ。

(まあ、とはいえ、嫌いになるという感情自体は悪いもんではないと思うし、そこから構築できる⦅一度そこに至らないと築けない⦆新たな関係性もあるわけだし。あ、こんなこと言ったら、元も子もないか。笑)