レモンサワーの関係経済Ⅰレビュー1222Ⅰアパートメント

「なんのためにカネを使うのか、そのカネを稼ぐのか」

いつも、そんな疑問が頭に浮かび、日々の仕事とたたかっている。

「いや、生活があるから」などと、さらっと人は言うけれど、それは「カネがないと生活ができない」という前提になっている。そりゃ、最低限必要な金額というのはあるだろう。とはいえ、その”最低限”で必要なカネの考え方というのは、もうちょっとグラデーションがあってもいいと思うわけだ。

当然ながら、都会と地方ではそういった価値観も変わってくる。

地方への暮らしに想いがあるものの、「給料が低くなるから移住はしかねる」と口にする人がそこそこいる。だけど、よくよく考えてみたとき、結局、地域に生活コストは相対的に変わるのであって、稼げるカネは減るかもしれないが、家賃やら食費やらをもろもろと引いたとき、手元に残るカネは変わらないなんてことがあったりする。一瞬だけマジックに見えるが、ロジカルな結果でしかない。

もっと言えば、稼げるカネは減るが、その分、はたらき方がゆるやかになり、自分や家族との時間に余裕ができるなどで、時間という生活資源を都会にいるときよりも、より豊かに使うことができるなんてこともある。

それにも関わらず、絶対的な数量として大きいほうが幸福につながるという、カネカネカネという資本主義の”貨幣経済”の価値観を信じ込んでいる人がほとんどではないか。

まあ他人のことでとやかくいう必要はなく、一つの暮らしの選択肢として決して間違ってはいないし、それが自分のスタイルにフィットするのであれば、「それでいいじゃん」と肯定するべきものなのは承知だ。

ただ、そのカネの価値観に囚われてしまっているがために、しんどい想いを繰り返しているのであれば、他のカネの意味合いを見出せたらいいんんじゃないか、と突っかかりたくなるのだ。

日本には、「おすそ分け」という文化がある。

それは、田舎などでご近所さん同士が自分たちでつくった野菜などを配り合うようなものだ。こういった「物々交換」で成立するような経済。場合によっては、「家の屋根の修理を手伝ったから」と「しいたけをもらった」というような「物技交換」が行われることもある。

“経済・・・人間の生活に必要な物を生産・分配・消費する行為についての、一切の社会的関係”

あらためて「経済」の意味を考えたとき、必ずしもカネを介するものだけが経済なのではなく、そういった物や技を介して動く経済があるということだ。そして、それは未だに日本各地に残っているということ。

一点気をつけなければいけないのは、田舎に行けば、おすそ分けをしてもらえるわけじゃなく、地域に限定された文化ではないことだ。

物や技を交換する相互間に信頼関係があるからこそ成立するものであって、そういう意味では、”評価経済”、もっと言えば、”関係経済”が基盤にあるとも言える。

つらつらと書いてしまったけど、みなさん「カネが必要だ、稼がなくちゃ」と当たり前のように言ってるけど、一度立ち止まってみて、「自分はカネでどうしたいのか」を考える機会もたまには必要なのかもしれない、というのを主張してみたかったわけだ。

ここでやっと”悠平さんのカネの話”に戻してみると、「全くの向こう見ずで無計画なモラトリアムみたく見られるが、単なる粗削りで稚拙だったり、内面の煩悶と社会との折り合いの付け方に時間がすごくかかるゆえに、他のみんなほど上手に世渡りできていないだけの子たち」は、カネとの付き合い方を再考しているだけかもしれない。

そして、彼らは”関係経済”によって暮らしが支えられているのかもな、と感じた次第で。

レモンサワーおごってもらえる関係の人がまわりに何人いるのかって、そこそこ大事な話よな。

カネがなかった頃の話