主役は一体だれか – 福祉や教育における上から目線

学生時代は、外国系の大学にいたんだけど、教授とのご縁だけで、国際比較教育ゼミにまんまに入ってしまった。

ぼくの研究は、オランダのオルタナティブ教育(特にはイエナプラン)だった。まあ本題は次なんだけど、そのときに、先輩後輩含めてゼミ生はかなりいて、発展途上国の「開発教育」「教育開発」なんかをテーマにしてる人もそこそこいて、その人たちの基本的な研究をはじめるときの言い分って「(もろもろ)恵まれなくて、かわいそうだから」というのだった。

それって、感動ポルノの話に通じるものがあるよなぁ、と感じていて、「自分は恵まれた国に生まれたから」=「自分は五体満足だから」という一つ上から目線で、各対象を見ていて、物事を語っていて、そもそもズレてるよね、という気がしてならない。

だから、「与えてあげる」という傲慢なスタンスなんだろうし、それによって、「満足しているのは一体だれか?」という問いすら持っていないのだろう。そうやって自慰的行為を多産して、”やってる感”ばかりが生まれるけど、実質、動いたものは少ない、という状況になりかねない。

どういったかたちであれ、相手の個性や文化を尊重したうえで、「魚を与える」でなく、情報不足な知人に「魚の釣り方を共有する」というようなスタンスにならなければ、福祉も教育も、本質的には変えられないのかもしれない。

結局、一人ひとりが持つ人生であって、環境や周りの人が変わるきっかけはつくれるかもしれないけど、変わるためには本人の意思と、行動でしかないと思う。そして、その人の意思や行動力というものはあなどっちゃいけなくて、「すべてをこっちがしてあげなきゃいけない」というエゴは捨てたほうがいい。

「主役は一体だれなのか」

そんな意識を持って人と付き合っていくことは、どんな対人関係であっても、大切なんだよなきっと。

「離れ方」ないし「委ね方」というのは、ここ数年の一つのテーマだけど、たまたまFacebookで流れてきた記事を読んで、メモをば、と思って書いていたら、「これって、場づくりに通じることやな」と気づき、すべてのことには通じるエッセンスというものはあるのだなぁ、と改めて実感する。

(となれば、どんな人、物、事に関われど、それは自分の視点の置き方、切り取り方次第なのだろう)