大企業のほうが成長できるとか完全にウソ、はわりと本当だと思う。

 

ちきりんさんが自ブログで書いていた記事「大企業のほうが成長できるとか完全にウソ」:http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20131113

最近めっちゃバズってたんだけど、今さら読んだ。

 

ぼくは個人経営のバーと外資系IT系ベンチャーを経て、今はライターとかプランナーの仕事にちょっと関わらせてもらってます。

 

だから大企業で勤めた経験もなく、分からない感覚も多い。

ただ「成長」という単語を使うことであれば、更に「成長スピード」を考えるなら、

なるべく自分ひとりで多くのことをこなせる環境が必要だとは感じる。

 

数千(もっとかな?)という社員を抱え、仕事を細分化しなくちゃならない大企業では、

やはり出来る仕事の幅も最初は「こんなもんなのか」ってため息もんじゃないだろうか。

それは割と大手に進んだ友人や先輩の話を聞いててなんとなく思ったこと。

 

ちきりんさん曰く、

 

人を成長させるのは「研修制度」なんかじゃなくて、

「いかにストレッチさせるか」(いかに高い目標と裁量権が与えられるか)であり、

「いかにぐちゃぐちゃな環境で成果を求められるか」なんだよ。

 

これは結局、ぐちゃぐちゃしてる環境だと、頭の中で汗をかく機会が、

大企業の”落ち着きある”環境とは非ではない。

だから大企業にいては成長しにくい、ってことなんだろう。

わりと本当だ、とぼくは思う。

 

究極言ってしまえば、大企業であれベンチャーであれ、はたまたNPOであれ、

その会社に「なんとなくいるのか」「意図しているのか」の自身と会社の関係性をどう捉えるかの問題かもしれない。

ただぼくが外資系のベンチャーにいた時を振り返ると、やっぱり物事の移り変わりは目紛るしかったし、

やらせてもらえたことも同世代の大企業勤めの人に比べると広かったように見えた。

勉強させてもらえたことに感謝だ。

 

ある環境のなかでできることを最大限にがんばる。

でも、その最大値には限界もある。

内部要因と外部要因があって、内に求めたい気持ちも分かるけど、

根本的には外に目を向けなきゃどうにもならない、って事も少なくない。

これは25歳の若造が偉そうに言えることではないけど、

古い体質を変えないまま、内にばっか原因を追及したり、他の社員にも押し付けたりするのが日本企業の傾向じゃないだろうか。

その環境(システム)の最大値がどうしようもなければ、どうしようもないのに。

内ばっか求めさせた結果、ど根性論などを掲げ、うつ社員を生産するはめになる。

だから内も見つつ、外に気を配れる人は日本ではかなり貴重なんだろう。

 

大企業、NPO、外資系企業、ベンチャーあるけど、

その一つ一つの最大値を想定して選ばなきゃいけないんだろうな。

 

「とりあえず大企業にいっとけば問題ないでしょ」という、この”とりあえず”は、

“考えるよりもとりあえず書こう”がテーマのこのブログでも嫌うタイプの”とりあえず”です。

 

勝手なことだけど言わせてもらうと、

ぼくは”考えている振りをして考えてない人”が一番嫌い。

自分自身もそうならないようにと日々細心の注意を払いつつ、

生ぬるさから抜け出せるようにもがくしかないと思ってます。

もがくのに必死なので、生ぬるいところにゆっくりと浸かる人も気にもできない。

余裕がないんです。

 

ただ、

意志を感じずにとりあえず大企業という学生にはニヤッとしちゃうし、

大企業に勤めの、自分は”選ばれしもの”と勘違いしてるイケイケ社員も飲み会のネタとしては大好物だ。

大企業に対する考えはそんなとこ。

 

 

p.s.「成長」の単語をやたらめったら日常的に使う人も苦手。成長なんて勝手にするもんだから、言葉にするもんでなく、基本的に結果として引っ張られるものだと思うから。「成長」を連呼するのは、なんか一種の宗教のような気がしちゃうんです。