ソーシャル系の人は見落としがちだけど、東京にも地域はあるし、東京に依存しないことが地域で生きることではない、と思う。

「地域で生きる、ということは、東京に依存しない、利用すらしない、ということとほぼ同義」というような発言を目にして、違和感があったので、記述しておく。

そもそものところ、「いやいや、東京にも地域はあるので、東京でも地域で生きる、ということは余裕でできるでしょ」というのが、ぼくの言いたいことである。

「地域」の定義が違うからこその視点のズレなのかもしれないけども、やはり「対東京」「脱東京」の悪としての構造を扱うような表現には、ほとほと疲れてしまう。東京崇拝はそれはそれでこわいけど、それ以外の地方崇拝みたいなもんもそれはそれで気持ちわるさを感じてしまう。もうそれは、場所と人の相性とバランスでしかない。

都会も田舎も、どちらであっても地域(ローカルなるもの)はあるわけで、そこに住む人たちがシビックプライドをみたいもんを持ちつつも、他地域とそこで暮らす人に対しての敬意を持てないのは、ちょっと残念な気がする。それは、やややもすれば「もったいない」の発想にもつながってくる。互いにできないことは、依存し合えばいい。それぞれの個性、良さ、持ち味を肯定せずに、どの場所が絶対的にいいとかわるいって話はバカげているし、子どもじみている。

極論、雑に言ってしまえば、地域なんてどこでもいいわけで「どこがいいか?」という問いをだれかに投げるのでなく、「どこがはまりそうか?」という問いに置き換えて自分に投げかけることでしか、自分が暮らしやすい働きやすい地域なんて見つかりっこない。で、他人が口にした言葉やネットの情報はヒントになるとはいえ、それが自分にとっての答えになることはないので、自分で足を運べ、自分の足で稼げ。

なにが哀しいかっていうと、さまざまな地域に関わっていて、影響力のあるような人がそのような考えで、各地へ足を踏み入れてるんだな、ということ。いいことを言っているように見えるが、浅はかで、地方も東京のどちらに対しても、消費的な目線しかないように見える。それだから「ソーシャルソーシャルしている人たちは…」と言われてしまうんだろうなぁ。