メガネと、まちライブラリー

昨日のこと。早朝からの怒濤のライティングが終わったと思ったら、夜はイベント。主催したメガネのイベント。メガネをかけた人だけが参加できる(伊達メガネもOK)やつで、メガネゲスト(通称メガゲス)を呼んで、その人がお熱なものについて話をしてもらう企画。昨日は「まちライブラリー」を沖縄で展開しはじめた友人をゲストに開催。

元々、本がそんなに好きでもなかった彼は、まちライブラリーと出会い、もっというと、その取り組みをはじめた磯井さんとの出会いから、本を読むようになったとか。そして、本という媒体(メディア)を通して、人がつながっていく感覚が好きみたい。「マイクロライブラリーサミット」とかそういった動きなんかも教えてもらって楽しかったなぁ。

イベントの雰囲気としては、大学生からリタイア移住をされた方まで、年齢幅も職業幅もあって、だいたい10人くらい。場所は、ぼくが管理させてもらっている「水上家」。実は実は、ここにまちライブラリーを置かせてもらってたりする。そんな縁もあっての今回の会だった。

ぼく自身は、文章でお仕事をもらってるにも関わらず、本を読むことが少ない(活字はかなり目を通すほうだと思うけど)。だいたい本を読むのは、リサーチで必要なときがほとんど。それ以外には、自分が気になっている人、信頼している人が本を紹介してくれるとき。その人が「ここが、こんなんで、こうこうおもしろいよ」と教えてくれたり、何も言わなくともスッと紹介してくれる本は、なにかしら心に染み入り、自分の価値観がグッと広がったことも多かった。

そういう意味では、本自体がそれほど好きとは言えないのだけど、本でつながる関係というのはいいなぁと思う。そして、水上家という場を持たせてもらう身としては、なにか人がつながる“きっかけ”というか“共通項”というか、そういうのは敏感で、ある種、日本語がわかれば伝え合える、コミュニケーションツールとしても意味合いは大きいよなぁ。

ちなみに「酒(食)」と「音楽」と「スポーツ」、それと「映像」「デザイン」は、世界共通言語だと思っていて、人が引き寄せ合うひとつの媒体としてのポテンシャルは高いよなぁ。と思ったり。なので振り返ってみると、昨日は「本」を真正面から向きあったというよりは、「本のある場」という切口で、あの場に参加していたのかな。興味関心性格が出るところだ。

ちょっと話を戻ってみて、そのゲスト友人、まちライブラリー@水上家の館長がさらっと言ってたのだけど、「本を通して、友達でも仲間でもない、家族のような関係性が生まれた」という発言は、けっこー響いた。かなり響いた。そういう場が生まれるってほんとにすごいよね。なんかこれからも一緒に、水上家のにぎやかしをお願いします、ってかんじ。

あと、本棚というものがあったとして、そこに本がむっちゃ並んでいたとしても、やっぱりそこに誰かのストーリーがないとおもしろくない。そして、そこを繋ぐというか、紡ぐというか、そんな立ち位置の人がいることの意味って大きい。家族のようなあたたかな関係性は、人が間にあってこそ生まれる。これから、どうやって本を通じて、だれかの想いが他のだれかへリレーされていくのか楽しみだ。ちなみに、ぼくは本棚にしれっとピーチジョンを置いている(怒られるまで置いとくよ)。