汚ない文章でいこうぜーーブログという生活実験

汚さなければ、晒さなければいけない、そんな気がしている。

どこまで続くはわからないし、何度も何度もくじけたことだけど、またブログを書き続けてみようか思う。とはいえ、そもそもブログを止めてたわけではなく、その頻度が1ヶ月に1回更新できるかできないかという、いわゆる中途半端なかんじだった。気が向いたときだけ書くスタイルというか。

恥ずかしながら、仕事でぱつぱつになって、そのときは書くのを伏せておこう……と書きたいのに書かないことも多かった。けど、今度にかぎっては、ほぼ日で更新できるようにしよう。そうだ、しよう。

仕事でウワーーーーっとなっているときほど、自分の頭の中がちゃんと整理できていないんだよなぁ。自分が今まさに取り組むことに対する想いとか、そこで得た情報とか、どこに向かっているのか、なにをその瞬間に感じているのか、ここらへんはきれいにまとまっていたほうがいい。

それができないと更に効率が悪くなって、余計にブログの投稿画面に手をつけれないという負のスパイラルになるってことは、何回も痛い程に経験している。「きついときほど書け」と自分に言い聞かせなくちゃ。

「これが終わったらこうする」という準備ばかりを待っていたら何も始まらない。無理くりにでも、こじ開けちゃって、始めちゃわないと、次には進みにくい。きっとそうだと思う。だから、もっと書かなければ、とね。

実は、このブログ以外にもいくつかブログをやっている。「ハチナナハチハチ」と「OTTO」。このふたつも更新頻度は高くない。とはいえ、ちょっとしたテーマを持って、だれかに見られることを想定して書いてはいるようで(振り返るって気付いたけど)少しだけ“メディア”を意識している。

「自分のためだけに書く」のがブログだ、という解釈を持って、このゲゲゲについては、書き進めていこうと思う。自分が気持ちよくなるために、スムーズに仕事も捗るように。変にテーマを意識せずに、思ったままのこと、自分の中にある感情の変化や、物事に対する考えを殴り書いていく。

テーマや文章量など、なにか枠組みを決めすぎると、きれいに書かなきゃいけないと自分で自分で苦しめることになる。汚くていいんだ。どうせきれいに書こうとしても、そもそも汚い文章しか書けないのだから。

「書く」って、できる人がやるとか、高尚でもなんでもなくて、自分のためにあるはずだ。自分の頭にあることを言語化して、文字にして、鏡のように自分自身と向きあうための作業。

そうやって自分のためにある文章で、白紙のような投稿フォームを汚しまくる。頭の中に棲みつく生き物のように、激しく動きまわる思考と感情を文字にして晒してみる。それを毎日のように続けたならどうなるのか。

たかがブログなんだけど、自分にとっては新鮮なチャレンジ。そして、ワクワクもドキドキもヒヤヒヤもする実験だ。結果はどうなるかわからないけど、されどブログ、となるように楽しみたいなぁ。自分をもっとおもしろがれるように、のせられるように。